MacWorld盛況の裏側で

 米国時間1月15日、この日、Apple最高経営責任者(CEO)を務めるSteve Jobs氏は新たに発表した「MacBook Air」の説明に多くの精力を傾けた。一方で、時間をとり6月いっぱいで第一線から退くことを予定している長年のライバル、MicrosoftのBill Gates氏に称賛を贈った。

 Jobs氏はNew York Timesの取材に対し、「BillがMicrosoftを去るのは大きな出来事だ」と語った。「特筆すべき出来事だ、彼のこれまでの貢献は称賛されなければならないと考えている」(Jobs氏)

 筆者の考えでは、Jobs氏がGates氏にiPodを贈るようなことはおそらくないだろうが、競演を果たした2007年のD: All Things Digitalカンファレンスなど、聴衆を前にした時の両氏の関係は良好に映った。

 同インタビューでJobs氏は、MacBook Airの最終デザインに辿り着く前に100のデザインを試したことを明らかにした。また、Amazonの電子ブックリーダ「Kindle」について、デザイン以外の問題で苦戦する可能性があるとの見方を示した。

 同氏は、「製品の良し悪しが問題なのではない、現状では人々が本を読まなくっている」と述べた。「2007年、米国人の40%は本を1冊しか読まなかったかまたは1冊も読まなかった、そもそもの構想に問題がある、人々はもう読書をしないのだから」

 Appleは間もなくiTunes Storeで電子ブックの販売を開始すると見ていたが、筆者の予想は裏切られることになりそうだ。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20364993,00.htm?ref=rss

MacBook Airの発表でおおいに盛り上がっているMacWorldですが、その一方スティーブ・ジョブスは宿敵ビル・ゲイツへの賞賛を忘れてはいませんでした。


日本人というか熱狂的な『Mac教徒』にはなかなかできないことなので、やっぱりジョブスは凄いんだなとますます邁進してしまいそうであります。


まぁ、シリコンバレーでは対極にいても、実際にはお互いに夕食の席に招待しあったりしているそうですから、当然の発言なのかもしれませんけれども。


しかし、MacBook Airには驚きましたな。
そんなに薄くてキーストロークは確保できるの?とヤワなiBookのキーボードにほろ苦い経験を持つ身としては心配になってしまいました。


デザイン重視は結構だけれども、そのせいで譲れない部分が犠牲になるとしたら、やっぱり許せませんからね。
posted by tantakatan at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールドマックユーザに朗報!

iCabオールドマックというと一般的にはクラシック環境を指すのだと思います。
ぼくの使っているMacはだいぶ前に進化が止まってしまっていて、稼動している4台のマックはすべてがクラシック環境です。そのためオールドマックというと個人的にはOS8といった感覚があります。

そのOS8に対応(実際には8.5以降)した待望のブラウザiCab ver3xが登場しました。
長所としては、まだまだしょっぱいながらもCSSに対応していること。カラム数が多いブログだとキツいようですが、ほぼレイアウトが崩れずに表示されます。

古いといってもまだ現役、大切に使っているマシンなので以前のOSも切ったりせずに対応してくれる点はとてもありがたいです。

アクセス解析を眺めていると,とりあげる話題のせいかMac版のIE5などの古いブラウザでアクセスしてくださる方も多いです。タブも使えるしIE5だとレイアウトもぐちゃぐちゃになりますよね?あなたもこれを機会にiCabに乗り換えてみてはいかがでしょう?
posted by tantakatan at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイルサーバ構築の強み

手持ちのiBookにDebianLinuxをインストールしてみました。
インストール自体は正常に完了したのですがモニタの設定まわりがおかしいようで、起動させてみるとログイン画面が表示されないというトラブルに見舞われています。

20070126.gifいろいろといじっているうちにデュアルブートのMacOSの領域までも誤って消してしまいました……。しかし良く考えるとすべてのパソコンをネットワーク経由でつなげており、データはファイルサーバに逃してあるので被害は最小限、MacOSの再インストールとPhotoShop(画像処理)、Fetch(FTPソフト)、WamCom(ウェブブラウザ)とテキストエディタの再インストールのみでレストアは完了です。

このくらいフットワークが軽快だと、いろんなこと(たとえば違うOSを入れたりとか)に貪欲に挑戦できるので楽しかったりします。

クラッシュ以前に入れていたテキストエディタにもそろそろ飽きてきたので、今回はKing'sEditを使ってみることにしました。
使い込むと言えるまではまだまだですが、1つのウィンドウしか開かずに作業するというのもなかなか面白い気がします。忘れた頃にでもレビューを書くかもしれませんので、お楽しみに。

iBookのデュアルブート環境ですが、手元にVineLinux4.0のPPC版のCDがあるので今度はこちらに挑戦してみますね……。


posted by tantakatan at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品区分

コンシューマ向けのノートパソコンがiBook、プロ仕様がPowerBook。
デスクトップパソコンだとコンシューマがiMacでプロ用がPowerMac。

以前は、そんな棲み分けがされていました。
IntelはいってるになってからはデスクトップがiMacとMacPro。ノートがMacBookPorですか。インテルチップ搭載のMapProが発表されました。以前はiBookのリリースがいちばん後だったように、Intel + iBookも発表を控えているんでしょうか?発売されるんだったら、どんな形になるんでしょう?とっても気になりますね。

iBookがはじめて発表される直前には、ネット上にさまざまな憶測が流れていました。
細い電話回線で重いデータを我慢しながら、「今度Appleから出るノートパソコンはこんな感じ」なんてページをみつけると大急ぎでチェックしたものです。実際に発売された初期型のiBookとはまったく別物だった記憶がありますけど。

最近は箝口令が厳しいようで新製品の情報が漏れ伝わってこないですけど、ジャンルとラインナップから見て期待してもいいのでしょうか?


posted by tantakatan at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OSの選択

先日、友人宅でMacOSXに触れる機会がありました。
僕の使っている環境はMacについてはOS9×以前なので、ちょっと新鮮な体験でした。

060807.pngディストリビューションによっては違いがあるかもしれないのですが、通常Linuxではシステムのアップデートやアップグレードの際、ターミナルソフトを立ち上げて"apt-get"というコマンドで行います。簡単なコマンド入力を終えれば、あとは自動で処理されるので楽なものなのです。でもOSXは違うんですね、なんとマウスを使ってメニューから行うんですねぇ。皮をかぶってはいるけれども核になっている部分はUNIX……。OSXに関してそんな印象があっただけに新鮮に驚かされました。
それでもいろんなOSを使い比べていると、この例外が煩わしかったりします。

本日はプログラム言語ルビーとhttpdではメジャーなapacheのアップグレードを行いました。
コマンドベースのアップデートやアップグレードでは、どんな改善がされたのかが朧げながらでもわかるのが魅力。intelチップの恩恵からか、今後は一段とプラットフォームがシームレスになるでしょう。ユーザがOSを比較して選ぶ時代はすぐそこまできています。MacOSかLinuxなのか、それともWindowsなのか……勢力図がガラリと変わる様をライブで見られるかもしれませんね。
posted by tantakatan at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿命

新しい冷蔵庫が届きました。
古い冷蔵庫を引き取ってもらうため大型の家具の搬出入となり、暑い中かなりの重労働でした。
その後一息ついてもらったときに電気屋さん聞いた話だと、冷蔵庫の寿命は平均10年程なのだとか。
うちには冷蔵庫が2台あるのですが、今回買い替えたのは14年稼働、もう一台はなんと25年になるそうです。

手持ちのパソコンを見回すと、年長者はPowerBook1400。
自分で招いたジョン・スカリーに追放されたスティーブ・ジョブスが、ネクスト買収によりアップル社に復帰したのが96年12月。1400の発売はカリスマ復帰の約1年前の95年10月だから、夏がおわれば12歳になります(もっとも中古の状態で入手したので12年間そばにあったわけではないのですが)。その1400には、G3チップを挿してあるのでパフォーマンスはまぁまぁです。でもOSのメジャーバージョンが9代前なので"できること"がかなり限られてしまっているのは、時代の流れですからしょうがないですね。

以前勤めていた会社で社外SEの方に聞いた話では、パソコンの寿命は約3年だそうです。
日々技術革新しているが目に見えるくらいですから、このくらいのスパンで老朽化するのだとか。内部的な故障はしかたないにしても3年というのはいかがなものでしょうか。元気に稼働しているPowerBookや、WindowsからLinuxに衣装替えをした"古いWindowsマシン"を見ていると、まだまだこれからも現役……というより第一線で頑張れそうな気配なのです。
posted by tantakatan at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パフォーマンス

パソコンの速度が結構気になります。

ファンの回る音ばかりが耳障りで、ダブルクリックしたウィンドウがいつになっても開かないとか。
カリカリとハードディスクは動いているのに起動に10分近くかかるとか。

インターネットの接続設定をしていた頃、サービスで軽くメンテもしておりました。
上に書いた例はそのときした経験です。

たいていはメモリ不足から出る兆候なので、ユーザさんがご自分で物理的に対処してもらうしかなかったんですけど。

今このテキストを作っているのはFUJITSUのFMVです。ただしWindowsの環境をすべてとっぱらってLinuxが走っています。
事務系のオフィスでお払い箱になることろを貰いうけた中古品で、搭載メモリは128MBが1枚きりです。自分で稼働させたわけではないので詳細は不明ですが、WindowsMeは差障りなく動いていたようです。でもこれがXPだと、スペックが追いつかなくていっぱいいっぱいでしょう。

そんな非力なマシンでも、Linuxだとかなり快適です。
自宅で使っているパソコンのファイルサーバ兼X-Windowをデスクトップがわりとして使っているのですが、とても俊敏なのです。パソコンは「目的」ではなく「道具」です。道具として使うのですからやっぱりコストも含めたパフォーマンスで選びたいですよね。

はっきり言いましょう!Windowsは道具として考えると最上の道具ではありません。詳細につきましては、今後折にふれて書いていこうと考えておりますのでお楽しみに。
posted by tantakatan at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランスルーセント

迷った末にSONYの3ボタンマウス(光学式)から初期型iMacに付属のボールマウスに変更しました。

mouse.jpg このマウスは以前インターネットの設定作業をしていた頃、お伺いしたユーザさんと意気投合していただいたものです。大切に保管していたのですが、まさか実際に使う日が来ようとは考えてもいませんでした。

このマウスが主流だった当時は、丸くて使いづらいといったネガティブな意見が多かったように感じました。でも実際に使ってみた感想は悪くないんです。ボタンのクリックを中指でするとかなりスムーズかも。

トランスルーセントで中で動くボールも単色じゃないし、ホントにセンスのいいデザインだったなと今更ながらつくづく感じています。

写真はiBookとマウスとペーパーホルダー。
これからジメジメとしたうっとうしい梅雨の時期ですから、作業するデスク周りにこんな小物があるとなんとなく爽やかになりますよ。
posted by tantakatan at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいOpera

Operaの新しいウェブブラウザがリリースされました。

バージョンが3つ以上前、初めてダウンロードして使って衝撃をうけたタブブラウザです。
Macからダウンロードを試みたのですが、「.dmg」のファイルをセットアップしようとしている旨のアラートが出て止まります。やっぱりMacはOSXだけかぁ。ちなみに特定の拡張子で対応するOSや機種を見分けることができます。いくつか覚えておくだけでも「デキるヤツ」という印象を周りに与えることができるので、がんばってみましょう!

Macのクラシック環境を見放さない唯一のブラウザは、ぼくが知る限り「iCab」です。
日本語のウェブサイトでは最新バージョンが2.96ですが、本家のサイトでは2.9.9(日本語版)がダウンロードできます。CSSへの対応をはじめ今後の方向性に対するアナウンスなども示されていて、大きく期待が膨らんでしまいました。Ver3.0の正式リリースを切に待ちたいと思います。
posted by tantakatan at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェブブラウザ

Macのクラシック環境(OS9)を懲りずに使い続けています。
不自由に感じる点がひとつだけ。それはウェブブラウザです。
既に過去のマシンなので、新しくリリースされることはないでしょう。それなのにウェブ上では新しい技術が次々に登場しています。ずいぶん前に供給を停止したIEは、その後に現れたブログを正しく表示できません。散々探した挙げ句、ここ最近はOperaやWamcom(Mozilla)に落ち着いてきたところです。

でもなぜかiMacとMozillaの相性が悪く、アドレス入力覧に文字を入れても反応しなくなるなどの症状が出ます。症状が出始めると元には戻らないので、アプリケーションの再インストールをするはめに……。ここ最近はかなり頻繁に再インストールしているような気がしてます。
それなのでバックグラウンドの表示が多少崩れたりするのが気になりますが、しかたなくOperaを使っています。これはかなり軽快。

Windows環境とLinuxのX-Window上ではFirefoxを愛用しているのですが、どうしてもFirefoxには追いつけないですね。
誰かオールドMac対応の使いやすいブラウザご存じないですか?
posted by tantakatan at 06:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ボタンマウス

突然ですが、Macを6台持っています。
1台はハードディスクが悲しい音をたてて回らなくなってしまい、もう1台は古くて対応しているネットワークカードが入手できない関係で休眠状態。というわけで現在は都合4台のMacが稼動しています。
どんなふうに使っているかと言うとWindowsも若干使っていたりする関係上、Linuxでファイルサーバを構築しイントラネットを立ち上げています。

「OSXならsambaがついているはず。なんでLinuxで仲介してんの?」とのディープな(ディープか?)質問が、たったいまございましたが、わたくし、何を隠そうMacOSの前身である漢字Talkの頃からユーザをしてます生っ粋の「マカ」。爆弾は日常茶飯事、マイナーコードの悲しい音色とともに現れるサッドマックの悲し気な表情も何度も遭遇しました。そんなマカが、発売後間もないMacOS10.0に触れて「これは商品というよりプロトタイプ?」と感じてから、なんだか縁遠くなってしまい、結果OSXに乗り遅れてしまったわけです。

パソコンユーザでみてもマイノリティなマカだけでは足りず、さらに少数派のMacでLinuxを実践していたりします(OS9、OS10.0、Linuxのデュアルブート)。使い勝手としてはLinux(Windowsでもそうですが)で多用するコマンドキーの位置が悪くてが押しづらいことでしょうか。
MacとLinuxのデュアルブートでもっと厄介なのは、2ボタンマウスです。
OSXとLinuxでは使えるスクロールボタンが、OS9ではぴくりとも動きません。まぁ、これからおいおいご紹介していきますけれど、他のOSとの組み合わせはばっちりなんです。その分OS9+SONYのマウスだけは使いづらくて……。としょっぱなから泣き言を述べてしまいました。ごめんなさい。

このブログを公開するにあたってデザインをとっかえひっかえしながら考えました。
最終的にQuickTimeっぽいメタル系にしようかどうしようかと悩みましたが、やっぱりコレ!Linuxの象徴であるペンギンにしました。カラフルなリンゴのロゴが大好きだった生っ粋のマカはだんだんとAppleから離れつつあります。
posted by tantakatan at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。