ソフトベンダーの動向

先日、必要に迫られて某郊外型大型電器店にWindows用のアプリケーションを探しに行って参りました。訳あって翻訳ソフトが欲しかったというのがその理由であります。まぁ、翻訳はエキサイトなどのサービスで無料で賄えるんですけどね。ちょっとだけ気になることがあったもんですから。そして、いざ行ってみると大型電器店ってアプリケーションをあまり販売していないんですな。スペースとしては確保してあるんですが、陳列棚のほとんどを占めているのがセキュリティソフト各種。そしてゲームがちょろっとあるといった状態。よくわからんけど、これじゃ売れないだろと、がっかりしながら帰って参りました。


一方、ネット上に目を向けますと開発環境のMoonlightやマルチプラットフォームのアニメーションソフト”Pencil”など、特にオープンソースが活況の様子。個人的にはLinux環境メインで使ってますので嬉しい限りですが、これじゃパッケージソフトを開発&販売しているベンダーは大変なんじゃないんでしょうかねぇ。電気量販店ではなくパソコンショップのソフト売り場も、機会があったら覗いてみたいなと、ちょっとだけ考えております。
posted by tantakatan at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとだけWindows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。