MacWorld盛況の裏側で

 米国時間1月15日、この日、Apple最高経営責任者(CEO)を務めるSteve Jobs氏は新たに発表した「MacBook Air」の説明に多くの精力を傾けた。一方で、時間をとり6月いっぱいで第一線から退くことを予定している長年のライバル、MicrosoftのBill Gates氏に称賛を贈った。

 Jobs氏はNew York Timesの取材に対し、「BillがMicrosoftを去るのは大きな出来事だ」と語った。「特筆すべき出来事だ、彼のこれまでの貢献は称賛されなければならないと考えている」(Jobs氏)

 筆者の考えでは、Jobs氏がGates氏にiPodを贈るようなことはおそらくないだろうが、競演を果たした2007年のD: All Things Digitalカンファレンスなど、聴衆を前にした時の両氏の関係は良好に映った。

 同インタビューでJobs氏は、MacBook Airの最終デザインに辿り着く前に100のデザインを試したことを明らかにした。また、Amazonの電子ブックリーダ「Kindle」について、デザイン以外の問題で苦戦する可能性があるとの見方を示した。

 同氏は、「製品の良し悪しが問題なのではない、現状では人々が本を読まなくっている」と述べた。「2007年、米国人の40%は本を1冊しか読まなかったかまたは1冊も読まなかった、そもそもの構想に問題がある、人々はもう読書をしないのだから」

 Appleは間もなくiTunes Storeで電子ブックの販売を開始すると見ていたが、筆者の予想は裏切られることになりそうだ。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20364993,00.htm?ref=rss

MacBook Airの発表でおおいに盛り上がっているMacWorldですが、その一方スティーブ・ジョブスは宿敵ビル・ゲイツへの賞賛を忘れてはいませんでした。


日本人というか熱狂的な『Mac教徒』にはなかなかできないことなので、やっぱりジョブスは凄いんだなとますます邁進してしまいそうであります。


まぁ、シリコンバレーでは対極にいても、実際にはお互いに夕食の席に招待しあったりしているそうですから、当然の発言なのかもしれませんけれども。


しかし、MacBook Airには驚きましたな。
そんなに薄くてキーストロークは確保できるの?とヤワなiBookのキーボードにほろ苦い経験を持つ身としては心配になってしまいました。


デザイン重視は結構だけれども、そのせいで譲れない部分が犠牲になるとしたら、やっぱり許せませんからね。
posted by tantakatan at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。