阿久女イク 狙いは2匹目のどじょう?

昨年、クリプトン社よりリリースした『VOCALOID2 シリーズ初音ミク』。それに便乗したかのようなソフトが同人サークルの『StudioS』より登場した。その名も『キャラクターHボイスシリーズ 01 阿久女イク』(以下、阿久女イク)。読み名は“あくめいく”であり、どことなく初音ミクを意識しつつも卑猥な名前……。

この『阿久女イク』、どんなものかというと、エッチな声を自由自在に作ることができるソフトなのだ。700種類ものサンプルがあり、『初音ミク』のように声の組み合わせで自由自在に声を作ることができる。ほとんどの声がエッチなので、子どもや18歳未満の子にはオススメできない。

公式サイトも『初音ミク』のサイトにそっくりで、とことんオマージュしている。現在Lite版を1,500円にて発売している。Lite版と製品版には音質の違いがあり、より高音質のものを作りたいときは製品版を購入するといい。ちなみに製品版はCD音質なので、かなりのクオリティだ。

キャラクターボイスは、計名さや香氏が担当。アダルトゲームで活躍する声優さんだ。そして先ほども述べたように、膨大なデータ量のサンプル音声があり、そのなかにはなぜか“タミフル.wav”や“チーターマン.wav”なんて音もある。どう使えばいいのだろうか?価格がお手頃なので、休日の暇つぶしに遊んでみては? 使い道は……、難しそうである。


http://news.livedoor.com/article/tb/3452098/

昨年、最後の記事として紹介した「WEB素行調査」。
下馬評どおり人気の方はぱったりです。実際に使ってみればわかりますが、特に面白い訳でもないですからね。


などと考えていたら、早速登場しました阿久女イク
なにやらエッチな声を作れるのだとか。すでにYouTubeにコンテンツが(5日も前だから元旦!)アップされとります。


元記事にもあるように廉価版も用意されていて、間口は広そうですな。ネット発今年一発目のブレイクは阿久女イクになるかも?


posted by tantakatan at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

逆に考えてみるんだ。
Excerpt: 冬コミあわせで阿久女イク(アクメイク)なんてのが売られていたようで。 もちろん読
Weblog: DTM+自宅鯖管理日報
Tracked: 2008-01-08 11:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。