Vine Linux 4.2 リリース

Ubuntuに浮気をしたこともありましたが、やっぱりVineが性にあっているようでメインの環境としてVine Linux 3.2を使っています。詳しいことは姉妹ブログにて公開していますのでどうぞ。


Vine4.2
そのVine Linuxの新しいバージョンVine Linux 4.2が、クリスマス当日のリリースを迎えました。確かVer4.0のリリースのときはかなり(ひとりで)騒いでいた気がしますが、今回はひっそりとリリースといった感じ。


ウェブブラウザを開いたときに表示する”ホームページ”をVine Linuxの障害情報のページに指定しているのですが、なんとなくトップページへのリンクをクリックしたら発見したという偶然にみつけたといった感じ。


とりあえず日本語入力システムやセキュリティ、各種アプリケーションを自前で強化して使っている関係上、Vine4.2がリリースされたからといってすぐに乗り換えたりする気はありません。しかし新しモノ好きの血はすでに騒ぎ出していたりして・・・。
タグ:Linux
posted by tantakatan at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。