ウェブブラウザのシェア

 アクセス解析企業の蘭OneStat.comは2日、半年前に比べてMozilla Firefoxのシェアが増加しているとの最新調査結果を発表した。

 それによると2007年6月の最新調査結果で、Internet Explorer(IE)の世界シェアは84.66%、Firefoxは12.72%、Safariは1.79%、Operaは0.61%、 Netscapeは0.11%だった。特にIEのシェアは半年前の2007年1月時点に比べて1.15ポイント減少、Firefoxは1.03ポイント増加している。

 内訳を見てみると、IE6のユーザーは56.40%と依然過半数を占めており、IE7は27.71%にとどまった。それでも半年前の調査時に比べて16.74ポイントも増加している。IE7のシェアは米国で23.40%、カナダで24.22%、英国で32.65%%だった。またFirefox 2.0の世界シェアは11.48%だった。

 調査では、IEのシェアが減少し、その代わりにFirefoxのシェアが増加している国がいくつかあった。それを受けてOneStat.com の共同創業者であるNiels Brinkman氏は、「米国、カナダ、ドイツ、イタリア、ベルギーのユーザーの一部が、IEからFirefoxにスイッチしているようだ」とコメントしている。



ウェブサイトを作っていて気になるのがアクセスしてくれる側の環境ですね。MacOSやLinuxではWindowsと比較すると標準とされるフォントも違いますし、近頃はウェブブラウザの種類も多岐に渡っています。

どのように観測をしてるのかはわかりませんが、ウェブブラウザの世界シェアが発表されました。それによるとFirefoxのシェアがまたジワリと上がってきているようです。

FirefoxでもOperaでも実際にインストールして使ってみると、メリットがわかるんですけど最初にIEがインストールされた状態だとやっぱり他のブラウザを入れて比較する行為自体もしないんでしょうかねぇ。

パソコンを使う動機としては、メールと並んでウェブの比率が高いです。ウェブを観られてメールが使えれば、とりあえず他には何もいらないなんてユーザも多いのではないでしょうか?

「ただ観るだけ」と割り切るのか、それとも「もうちょっと便利になること」を望むのか。この違いだけでもかなり差が出るはずなんですけれど。

Firefox3のα版がリリースされました。
正式リリースは秋から冬にかけてになりそうです。今インストールするならFirefox2になります。

Win版Safariについては、もうちょっと熟成が必要そうです。Operaは・・・カッコいいです(^^)。国産のウェブブラウザでガシガシとカスタマイズができるLunascape
を選んでみても面白いかも。

Microsoftに与えられたIEじゃなくて、何か別のものを・・・。
そう考えるユーザが増えてきたことはとてもうれしいことであります。


posted by tantakatan at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モジラ、「Firefox 3 Alpha 6」をリリース
Excerpt: Mozillaは米国時間7月3日、華やかなイベントを用意することもなく、 ひっそりと新しい「Firefox 3」(開発コード名:「Gran Paradiso」)の 最終アルファ版をリリースした。 Fi..
Weblog: スークダイアリー+α
Tracked: 2007-07-06 18:49

Firefoxの勢いとMicrosoftの対応
Excerpt: Firefoxの国内シェアは12.72%とのことですから、ヨーロッパでは…
Weblog: 厳選!今日のITニュース
Tracked: 2007-07-19 09:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。