GmailとThunderbird

Ubuntu Linuxをインストールしてちょうど10日になります。
状況としては、以前の環境との違いもほぼ吸収できて段々と手に馴染んできているところであります。インストールした直後はまっさらだったデスクトップは、ぼくの部屋と同様雑然としてきています。

環境になれてきたら、かなり貧弱にみえてきたのがメーラーでした。
Evolutionという名称のメーラーなのですが、迷惑メールフィルターの目が荒いせいか?いつまでたってもブロックをする気配さえ見せません。というわけで、Thunderbirdをインストールしてみました。

入手の方法や設定関連は、一連のコマンドを公開しているサイトがみつかるはずですので、そちらへ譲ります。

Thunderbirdを用意できたらやっぱりGMailとの連動をしてみたいもの。というわけで、GMailのヘルプを探していたら見つかったのが、「別名アドレスを使用してメッセージを受信」する方法。

最初は頬杖つきながら読んでいたのですが、頭の中を電気が走ったような衝撃を受けました。ページで説明されていた内容を噛み砕くとアドレスをどんどん増やせるようなことが書いてあったのです。

たとえば仮にnandedayo@gmail.comというアカウントを持っているとします。@の直前に"+●●"という文字を勝手に追加しても自分のアドレスにメールが配信されるようなのです。

ということは
nandedayo+meiwaku@gmail.com
nandedayo+taisetsu@gmail.com
nandedayo+nantekotonai@gmail.com
nandedayo+iranai@gmail.com

といったアドレスを作っておいてフィルターで区分できるということです。いままではしかたなくYahooの捨てアド取ってみたりしていましたが、もう必要なさそう・・・。

Thunderbirdの強力なフィルターと新しく見つけたGMailの機能のおかげで、ごちゃごちゃと雑多なメールが並んでしまうメールボックスもかなり整頓したものになりそうです。
posted by tantakatan at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。