Vine Linux 4.1 発進!!

Firefoxのアップデートについて書いた翌日、Linuxが起動しなくなりました。
VineLinux4.0にアップデートしてからX-Windowの起動をテキストログインからグラフィックにかえたんです。理由はこちらの方がスムーズに立ち上がるためなのですが、Firefoxをアップデート・・・正確にはapt-getコマンドを使ったときにカーネルを更新していたので、そのあたりが原因なのかなと考えてVinoのサイトを見てみるとVineLinuxのバージョンが4.1にアップしていました。

このアップデートが起動しなくなった直接の原因として特定できたわけではないので深く突っ込んだりはしませんが、Vine4.1のISOファイルを焼いてクリーンインストールを試みても起動せず、4.0をクリーンインストールしなおしてから”apt-get dist-upgrade”(詳細についてはVineLinuxのページをどうぞ)で無事起動するようになりました。Macに続いてなんとなくではありますが、Linuxのコツもつかめてきた気がしています。

正確な回数は数えたわけではないですが,かれこれもう10回以上はインストール作業をしていますから、いい加減慣れますわな(^^)
今時点の構想としてはメモリでも増設して、もうちょっと機敏に動くようにしてあげたいと画策しています。やっぱりYouTubeなどの動画系の操作がどうしても重くなってきてるんで・・・。

というわけでVineLinuxとウェブマスターの格闘はまだまだ続くのであります。
posted by tantakatan at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。