Windows Vistaまであと3日

Windows Vista発売まで秒読みとなりました。
姉妹サイトというわけではないですが、日々発信されるニュースについての感想は今日のITニュースというブログで公開中ですので、あわせてご覧くださいな。

ニュース記事を追いかけていて感じることはWindowsVistaに対しての売る側と消費者の温度差です。
まぁ、売り手にすれば5年ぶりのWindowsOSはビジネスチャンスと映るのでしょうけれど、消費者側はどうでしょう?ネットで拾う情報にしても、コンピュータの話をしてみてもどうも「これは買いだ」とボジティブに反応する人は少ないように感じます。

大型家電店の今週末の折込広告にWindows Vistaを紹介しているコーナーを見つけました。ちょっと興味深いので引用してみます。


Q:いままでのパソコンと何が変わるの?

画面の見た目(3Dなど)と操作性が向上しました。

Q:ビスタにするといいことがあるの?

1.パソコンの安全面が強化されてます。
2.パソコンの操作がより便利になっています。
3.ファイルの検索機能が大幅に向上しています。

Q:ビスタに変えないと困るの?

「ウィンドウズXP ホームエディション」に対するセキュリティサポートが順次終了します。


なんだかザックリとした説明で、ビスタがいいのかダメなのかXPのままでいいのかLinuxにでも鞍替えしたほうがいいのかわからない説明になっていますね。

実際にどうなのか?は今日のITニュースにも書いているので参考にしていただくことにして、初心者やライトユーザならともかく、ある程度使い込んだユーザはこんな説明ではやっぱり購買意欲は起きないでしょう。(もっともそういったユーザはパソコンショップでは買わないかも)

他の記事に触れていただくとわかっていただけると思いますが、個人的なスタンスはアンチマイクロソフトです。
セキュリティに強いOSなのに発売日にあわせてサードパーティからセキュリティソフトが発売されちゃったりするOSです。MacOSや様々なディストリビューターからリリースされるLinuxはOSのバージョンアップに5年も間隔が開いたりしません……。さて件のWindows Vista、発売日はもうすぐです。さて、どうなりますやら。

そうそう、昨日アップしたiBookですが、結局Vine Linux PPCをインストールしました。
動作は……書くまでもないかもしれませんが快調です。
posted by tantakatan at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとだけWindows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。