ウェブマスター流・・・ウェブサイト構築術

website-neta.pngふと「例えばアフィリエイトサイトってどのくらいの時間で作れるんだろ?」と考えてみたことがあります。自分で作ったウェブサイトのテンプレートと、複数件の提携サイトはすでにあるという前提条件で・・・どれくらいかかると思いますか?


まずは完成予定図(ラフスケッチ)を作成。
相対的にザックリと書きます。使ったのは印刷に失敗した”裏紙”2枚と鉛筆、用箋バサミ。
用箋バサミは仕事の依頼案件ごとに1つずつ使っているいわば必需品。鉛筆は100均で買った消耗品ですが、コレが意外と活躍してます。


コンテンツの分類はシンプルなマインドマップで。
普段は読書マップや講習マップ、いろいろな思いつきをFreeMindを使ってパソコン上でつくるのですが、あくまでもラフスケッチということでなぐり書きです。俯瞰できる点がとても気に入っています・・・そんでもって、あくまでも我流で使ってます。


向かって右側、ピクセルサイズは用意されているバナーなどに合わせて臨機応変にリサイズしつつ設定しています。って、ここまで細かく書くことないかな?
HTMLタグやCSSについてはアプリケーションに頼らず手書きで書いています。そのため微調整もカンタン。どこでどんな設定をしたかを完全に掌握してますからね。


いちばん気を使うのはロゴデザインでしょうか?
ウチではもっぱらLinuxなのでロゴデザインはInkscapeを活用しています。
Illustratorもそうですが、グラフィック系のアプリはある程度操れるようになるまでが大変。そこから先は”センス”です。どんだけ表現ができるか・・・ワタシも普段から腕を磨いています。


そんなこんなで実際に手を動かして作業したのは、約14時間ほど。おおまかですがひとつのカタチになりました。他の作業もありますのでかかったのは実質2日ほど。意外と短時間でできちゃうもんですね。
posted by tantakatan at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211007740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。