嫌われるホームページ ランキング!

インターネットの接続環境がかなり良くなった今でも、嫌われるサイトというのは変わってないんですね。ウェブ構築を生業のひとつにしているため、極力この手のランキングには入りたくありません。ちょっと検証してみましょう。

情報が数ヶ月間更新されていない
業種業態にもよりますが、作成時にコストと精魂を使い果たしちゃったタイプ。でも更新しようにもコンテンツがない状態ってメンテしてても歯がゆかったりします

画像が多くて、重い
ナローバンド全盛ならともかく、ADSLや光回線がこれだけ普及してるのに画像で重いってどんだけ使ってるんでしょうね。

「準備中」のコンテンツだらけ
URL公開しちゃダメだよ。準備中の看板貼るくらいなら、そのリンクは繋げちゃダメです。

リンク先がPDFファイル
リンクに注釈を入れておきたいですね。Linux系のOSならいきなりPDFを開いたりしませんが、ユーザビリティに欠けてますな。

トップページからオールFlash
自己満足に浸っててください。

ポップアップがどんどん開く
ってか、それってスパムじゃ・・・

情報が多すぎで探している情報にたどり着けない
さらに来訪者を迷子にさせるサイトも稀に見られます。
情報にたどり着けないんじゃ次からはアクセスしてくれなくなるのにねぇ。

商品一覧などの一覧ページがない
そっかそっか、勉強になります。

突然音が鳴る
これもタブーのひとつなんですが・・・。まだこんな非常識な企業サイトって存在するんですな。

問合せ先が明記していない
問い合わせても返事がないとこもあったりします。きっと陳列してる商品にさえ責任がもてないんでしょう。

サイトを見ても何を伝えたいかがわからない
流行りでサイトを公開しちゃったタイプですな。
宣伝でもなく会社を紹介してるわけでもない・・・「これからはホームページがなきゃ・・・」とか誰かに吹き込まれた中小企業に多いタイプだったりします。

商品の詳細情報がない
きっと売る気がないんだと思いますョ。


・・・とまだいくつかあるのですが、サイトを作る段階の”練り”が足りなかったり、コンセプトが絞りこめてなかったりという中途半端な状態のまま作業にかかるとやっぱり中途半端なページが出来上がります。

それと商品の魅せかた。
実店舗でも陳列は適当ですか?カタログはどんなモノを用意してます?
ウェブも同じなんですよね。買いものをするお客さまに機能や便利さが伝わるようにしなきゃ・・・。

ってなわけで、ウェブサイトのリニューアルの予定がありましたら是非ご一報ください。



「こんな企業サイトはイヤだ」ベスト20

 goo ランキングは7月3日、「企業のウェブサイトで困ってしまうことランキング」を発表した。1位「情報が数カ月間更新されていない」、2位「画像が多くて、重い」、3位「『準備中』のコンテンツだらけ」などだった。

 5位には「トップページからオールフラッシュ」がランクイン。そのほか、「ポップアップがどんどん開く」、「突然音が鳴る」などが10位以内に入った。
posted by tantakatan at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。